ドライブレコーダーの映像は証拠として大いに役立ちます

ドライブレコーダー搭載車が増えてきた

最近ドライブレコーダーを搭載している車両が増えてきました。私の事務所では交通事故案件も数多く扱っておりますが、事故の状況をドライブレコーダーの映像で確認することもたくさんあります。

ドライブレコーダーの映像は重要な証拠です

このドライブレコーダーですが、裁判の際、事故状況を示す証拠として大いに役立ちます。

たとえば、交通事故案件でよく争点となる過失割合

過失割合を決定する前提としてどのような事故状況だったのかが問題となります。この事故状況をきちんと認定することができれば、過失割合についての争いはほとんど終わったも同然です。というのも「別冊判例タイムズ」で主要な事故類型についての過失割合の基準が整理されているので、どういう事故かが分かればだいたい一定の範囲に収まってくるからです。

しかし、この前提となる事故状況を認定するのがとてつもなく難しいのです。

これまではどうやって事故状況を認定していたか

これまでは運転者や同乗者、事故の目撃者の証言・供述が事故状況を認定するための証拠として取り上げられてきました。

しかし、この証言・供述は証拠評価がとても難しいんです。

というのも人間は見間違いをすることがありますし、事故は一瞬の出来事ですから、その一瞬の出来事を正確に記憶すること自体、人間には困難です

さらに、時間の経過とともに記憶はどんどん薄れていきます。他から得た情報と混同してしまうこともあります。

自分に有利なように意図的に嘘をつく人だっているでしょう。

当事者が言っているからそういう事故状況だったんだろうと直ちに認定するわけにはいかないわけです。

当事者の証言・供述はたいてい食い違う

さらに、事故態様に関する当事者の証言・供述はたいてい食い違います。

一時停止していなかった、いや、していた。

信号は赤だった、いや、青だった。

相手が突然減速した、いや、そこまで急な減速ではなかった。

後続車に煽られていた、いや、そんなに接近していなかった

こんな感じで証言・供述が食い違った場合、相手が間違っているのか、自分が間違っているのか、それとも二人とも間違っているのか、分析・評価しなければ事実認定はできません。

証言・供述は人間というとてもあやふやなフィルターを通して表現されるものですから、その証拠としての評価は慎重にしなければならないのです。

ドライブレコーダーの映像は客観的

ドライブレコーダーの映像は人の意思が介在しない客観的な証拠です。その分、証拠としての価値は証言・供述よりもはるかに高い。

当事者の証言・供述とドライブレコーダーの映像とが食い違う場合、よほどのことがない限り、裁判官はドライブレコーダーの映像の方を信用するでしょう。

衝突の瞬間や周囲の車両の動き、車両の速度や位置関係、信号の色などいろんな情報を客観的な映像として記録してくれます。人が証言・供述する場合にはこうはいきません。

ドライブレコーダーがあれば素早くトラブルを解決できる

こうして、ドライブレコーダーの登場によって事故状況の認定が格段に正確にかつ素早く行えるようになりました。

ドライブレコーダーを搭載しておくと事故状況の認定がスムーズに進みますから、過失割合についてもスムーズに解決することができます。その分、賠償金の支払いのタイミングも早くなります。

他方、ドライブレコーダーがなければ、訴訟を提起して双方を法廷に呼んで証人尋問・本人尋問をして、証言・供述を詳しく分析して、事故状況を認定して、そこから過失割合を・・・、という具合に、比べものにならないくらいの時間と労力がかかってしまいます。

交通事故トラブルを正確かつ早期に解決したい人には、ドライブレコーダーは絶対おすすめです。

藤岡弁護士への法律相談