離婚する場合には必ず慰謝料を支払わなければならないのでしょうか。

離婚する場合には、必ず慰謝料を支払わなければならないのでしょうか。

そもそも慰謝料とは、被害者が被った精神的苦痛に対して支払われる損害賠償金のことを言います。離婚においては、離婚に対して主な原因のある側の配偶者は、他方の配偶者に対して慰謝料を支払う義務を負うことになります。

離婚慰謝料の発生原因として多いのは、不貞行為(不倫、浮気)や暴力(DV)です。こうした離婚の原因を作った配偶者は、相手方に対して慰謝料を支払わなければなりません。他方、「価値観の相違」「性格の不一致」など、夫婦双方に離婚の原因があると考えられる場合には慰謝料は発生しません。
離婚でお悩みですか?男女問題や離婚に関する慰謝料、親権、養育費、面会権など離婚に関するトラブルは弁護士に法律相談

藤岡弁護士への法律相談