交通事故

不運にして交通事故に遭ってしまったら、少しでも早く弁護士に相談。

弁護士に依頼するメリットとして、次の2点を挙げることができます。

  1. 相手方保険会社とのやり取りから解放される。
  2. 解決水準が高くなる

示談交渉がこじれてから弁護士を探すよりも、事故発生直後に弁護士に相談する方が納得のいく解決にたどり着く可能性が高まります。

『自分は大丈夫』そう言い切れないのが交通事故です。

福岡県飯塚市で交通事故の示談や慰謝料、後遺障害認定トラブルの法的解決なら藤岡法律事務所

1.面倒な交渉を専門家が代行します。

交通事故の賠償額をめぐる交渉の難しさとして

  1. 保険会社の担当者は、交通事故の交渉を何件も経験しているプロ
  2. 耳慣れない言葉が飛び交う専門性の高い分野
  3. 相手方(保険会社)の言っていることが妥当なのかどうかの判断が困難
  4. 通院やお仕事を続けながら保険会社との交渉をするのに大変な労力を必要とする

といったような点が挙げられます。

平穏な生活をいち早く取り戻すために

交通事故の交渉相手は、相手方の加入する保険会社の担当者となるケースが多くあります。

保険会社の担当者は、交通事故の交渉を何件も経験しているプロです。

また、交通事故の交渉は「過失割合」「後遺障害」「症状固定」「休業損害」「慰謝料」等、耳慣れない言葉が飛び交う専門性の高い分野です。法的・医学的な専門的知識を有していないと相手方保険会社の言っていることが妥当なのかどうかの判断も困難です。

通院やお仕事を続けながら、保険会社との交渉もご自身でするというのは大変な労力を必要とします。

弁護士に依頼すれば、こうした面倒な交渉はすべて弁護士が代行します。
平穏な生活をいち早く取り戻すことができます。

福岡県飯塚市で交通事故の示談や慰謝料、後遺障害認定トラブルの法的解決なら藤岡法律事務所

2.慰謝料が増額となるケースが数多くあります。

相手方の保険会社が提案する慰謝料額は、一般に「任意保険基準」と呼ばれています。

これに対し、我々弁護士が交渉する場合に参照する慰謝料の基準は裁判所の判例などを参考して作成された「裁判所基準・弁護士基準」と言われるものです。

「任意保険基準」と「裁判所基準・弁護士基準」を比較した場合、「裁判所基準・弁護士基準」の方が高額となっております。

相手方保険会社と交渉する場合には「任意保険基準」がベースとなりますが、弁護士が代理人として交渉する場合には「裁判所基準・弁護士基準」がベースとなります。そのため、弁護士を代理人として交渉した方が、解決水準が高くなります。

交通事故、まずは弁護士に法律相談

「依頼して良かった」と仰っていただけるよう、最善の解決を目指します。

弁護士費用は規程に則った価格設定で安心です。
ご加入の任意保険に弁護士特約が付いている場合には、手出しなく、弁護士にご依頼いただくこともできます。福岡県飯塚市で交通事故の示談や慰謝料、後遺障害認定トラブルの法的解決なら藤岡法律事務所

交通事故、まずは弁護士に法律相談

藤岡弁護士への法律相談