相続放棄とは何ですか?

相続放棄とは、法定相続人が被相続人のすべての遺産を引き継ぐことを放棄することを言います。被相続人の遺産に借金が多い場合などに相続放棄をすることがあります。相続放棄をすることによって、その相続人ははじめから相続人ではなかったとみなされます。

藤岡弁護士への法律相談