契約とは何ですか?また、なぜ契約書を作成する必要があるのでしょうか?

契約とは何ですか?

契約とは、当事者間における合意・約束です。
ただし、単なる合意・約束ではなく、相手がその合意・約束を守らないとき、強制的にその合意内容を実現することができるという法的拘束力をもっています。

なぜ契約書を作成する必要があるのでしょうか?

契約書は裁判における最重要証拠です。
① 契約書を作ることによって、合意内容を明確にし、トラブルを未然に防ぐことができます。
② トラブルに至ってしまった場合でも早期解決を図ることができます。

契約書を作成しなくても契約自体は有効に成立します。
しかし、後日取引条件をめぐってトラブルが発生するかもしれません。
その時、契約書がないと取引条件を証明するものがないということになりますから、「言った言わない」の争いになってしまう可能性があります。そうなれば当事者双方ともに、途方もない労力をかけなければならなくなることも懸念されます。

最適な契約書作成をお手伝いいたします。
契約書や示談書など法律相談なら藤岡法律事務所。

藤岡弁護士への法律相談