個人再生をしようと考えていますが、どのようなデメリットがありますか。

個人再生をしようと考えていますが、どのようなデメリットがありますか。

個人再生をすると、借金の額が概ね5分の1程度に減額されますが、一定の借金(少なくとも100万円以上)は残ります。これを原則として3年は支払い続ける必要があります。
自宅を残したいという場合には住宅ローンは減額の対象とはなりません。
任意整理、自己破産と同様、信用情報機関に登録はされますので、個人再生をした後5年から7年程度は新たにローンを組んだり、クレジットカードを作成したりすることがしにくくなります。
個人再生をする際のメリットはこちら

借金でお悩みですか?借金や債務整理の問題は今すぐに弁護士にご相談ください。

藤岡弁護士への法律相談