離婚慰謝料を請求できるのは、どのような場合でしょうか。

離婚慰謝料を請求できるのは、どのような場合でしょうか。

離婚慰謝料の発生原因として多いのは、不貞行為(不倫、浮気)、暴力(身体的、精神的、経済的)、性交渉の不存在などです。なお、「価値観の相違」「性格の不一致」など、夫婦双方に離婚の原因があると考えられる場合には慰謝料は発生しません。

藤岡弁護士への法律相談