離婚慰謝料を請求できるのは、どのような場合でしょうか。

離婚慰謝料を請求できるのは、どのような場合でしょうか。

離婚慰謝料の発生原因として多いのは、不貞行為(不倫、浮気)、暴力(身体的、精神的、経済的)、性交渉の不存在などです。なお、「価値観の相違」「性格の不一致」など、夫婦双方に離婚の原因があると考えられる場合には慰謝料は発生しません。

また、相手方に不貞行為などの離婚原因があるとしても、そのことを証明する証拠がなければ慰謝料請求は困難となりますし、慰謝料の額も変わってきます。事前準備を入念に行い、証拠固めをしておかなければ、相手方に落ち度があっても慰謝料請求が認められなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。
離婚でお悩みですか?男女問題や離婚に関する慰謝料、親権、養育費、面会権など離婚に関するトラブルは弁護士に法律相談

藤岡弁護士への法律相談