私はスーツが嫌いです。

フランス議会でジャケットとネクタイの着用義務がなくなったとのニュースに触れました。(http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/30/francois-ruffin-clothes_n_17638088.html?utm_hp_ref=japan

自分は普段はスーツ自体着ていません。Tシャツや襟付きのシャツ、ジーパンで仕事をしています。自宅で作業するときはもっとラフな格好をしています。

法廷に行く用事があるときはスーツを着ますがネクタイはしません。夏場はジャケットも着ません。

弁護士といえばスーツをバリッと着ている姿をイメージされるかもしれません。もちろんそういう弁護士が多数ですが、私はスーツを着ません。

ネクタイをしているときの首周りが締め付けられる感じが昔から苦手でした。ジャケットも肩の辺りが動かしにくくてあまり好きではありません。スーツを着ているときはしわや汚れがつかないように気を遣ったりしなければなりませんから自由に動くことも制約されます。

洗濯も面倒です。洗濯機で簡単に洗えるものではありませからクリーニングに出さないといけません。お金もかかってしまいます。

なにより暑いです。自分はかなり暑がりで汗かきなのでネクタイをしているとあっという間に汗だくになってしまいます。高温多湿の日本でスーツは適合的ではありません。スーツは私にとっていかなる意味でも効率的な服装ではありません。

他方、Tシャツとシャツ、ジーパンであればこういった心配はありません。首回りもゆったりしていて楽ですし、動きやすいです。洗濯も自宅でOKですし、気温に合わせての着脱も楽です。

夏用の涼しいスーツや自宅で洗えるジャケットがあることも知っていますしそういったスーツをいくつか買って試したこともありました。ただ、夏を涼しく過ごすためであればスーツを改良することを考えるのではなく、スーツを着なくてすむような社会環境にした方がいいではないかと思います。個人的には和服での生活を検討してもいいのではないかと考えています。

藤岡弁護士への法律相談